マルシェ
大学参加運営参加

1. インフォメーションセンター
東京都市大学
マルシェのコンシェルジュとして会場を案内するためのインフォメーションセンターを、人々の交通量の多いところに設営します。パンフレットの配布を行い、主催者側の開催情報を的確に来場者にお知らせし、質問にお答えします。また来街者の場の意向を把握するためのアンケート調査も行います。
2. 歩行交通量調査
東海大学 工学部建築学科
マルシェ会場の要所毎の歩行者交通量を大学生が計測器を使って調査します。この結果は、当日の来場者数を推計する基礎データとなると共に、過剰な混雑を避け、事故の発生を防ぎ、スムーズな交通を維持するために使用されます。
3. ヴィジュアル・アーカイブ
和光大学
マルシェ当日の出展・出店・出演状況の全容を映像にて撮影し、アーカイブするとともに、ホームページに掲載します。
ページの先頭へ