マルシェ
出展者

ワークショップ
1. フードフェススタンプラリー
専修大学
今年で7年目を迎えるフードフェスの今年のテーマは「地産地消」。
地元で採れた新鮮野菜を使った商品開発とその成果をパネル展示にて紹介します。
今年はスタンプラリーも新たに企画し、豪華賞品が皆様に当たります♪
2. 園芸倶楽部の取組紹介
日本映画大学
学園のグラウンドに畑を開墾し、旬の野菜を栽培しています。その新鮮野菜をマルシェで販売します。
3. サラダボウル(本所研究室)取組紹介
明治大学
収穫祭や地域のイベントへの参加を通じて、農場の野菜を使ったレシピの考案や学生目線の商品開発考案などを行う学生団体。
黒川農場は生産から収穫を実践できる場でありながら、販売までの過程は学生が携わることはありません。そこで明大サポートと黒川農場と連携して、黒川農場の農作物の魅力を広めてブランド化を目指すと同時に明治大学農学部の知名度向上にも繋げたいと思って活動しています。
4. しんゆりマルシェ実施までの経緯紹介
東京都市大学
私たち都市生活学部は、まちづくりを専門に学ぶ独自の学部です。
2年前に新百合ケ丘の街の活性化のためにマルシェをやろうと私たちの先輩が提案したのがきっかけで、その後、私達は他のマルシェの視察調査を行い、会場全体の案内誘導、広報、運営に関する企画・制作・実施を行ってきました。
これらの取組をパネルで紹介します。
5. エコステーション
専修大学
今回、初の試みとなるしんゆりマルシェ開催に伴い、大量に発生するごみ対策として、環境美化を目的としたエコステーションの運営を私たち、学生が主として活動を行います。
内容は主に清掃、ゴミ捨て場の設置を実施し、会場内の環境維持を図ります。ゴミの分別にご協力願います。
6. パラソルでアートをつくろう
東京都市大学
透明傘をキャンバスにして、簡単に楽しく絵を描いて自分だけのオリジナル傘を作ってみませんか?
100本を超える色とりどりの傘を鑑賞しながら、小さなお子さんと、お父さんお母さんも一緒になって色とりどりの傘を作りましょう。保育士、幼稚園教諭を目指す学生たちが、お子さんをサポートします。
7. かみねんどでオリジナルキャラクターをつくろう
田園調布学園大学
かみねんどを使って、自分だけのオリジナルキャラクターを作ろう。田園調布学園大学の学生がサポートします。頭の中のイメージをかみねんどで表現すると、新しいキャラクターの出来上がり。幼児・児童の造形活動の可能性が広がります。
8. しんぶんしでモンスターをつくろう
モンスターズ
モンスターとは、だれの中にも住んでいる、よく説明できない感情のこと。
目の前に用意された新聞紙をぐしゃぐしゃまるめたり、ちぎったりし て、自分の中に隠れていたモンスターをつくります!
最後はみんなでモンスターに変身!
いろーんなモンスターにびっくりしちゃうかも?
9. ハロウィングッズをつくろう
田園調布学園大学
季節は秋、魔女の帽子とパンプキンバッグをデコレーションしてハロウィーングッズを作りましょう♪
初めてでも大丈夫。田園調布学園大学の学生たちが、お子さんをサポートします。
今年のハロウィーンにはしんゆりマルシェで作った手作りグッズをご活用ください。
10. 手作り作品で記念写真
しんゆりマルシェ実行委員会
テント番号49~52、54、55の親子参加型ワークショップに参加された来場希望者に、プロフォトグラファーによる記念写真をプレゼント致します。しんゆりマルシェ初開催記念として主催者からのささやかなるプレゼント。
先着となりますので、振るってご参加ください。
11. こどものあそびば
日本ボーイスカウト川崎第53団
自然と触れ合う中で、世界に通用する子供の育成に取り組む日本ボーイスカウトの活動を紹介します。
ボーイスカウトに入りたい人、是非この機会をご利用ください。
また、"こどものあそびば"として丸太を使ったペンダント作りやヨーヨー釣り(有償・1回¥100-)もあるので、あそびに来てね。
12. ボーリングでアートにちょうせん
田園調布学園大学
投げる球に自由に絵を描いて、ゲートボールの要領で球を打ち、木製ピンを倒してみよう。
自作の球でストライクがとれたら、パーフェクト。お子様からお年寄りまで楽しめます。
田園調布学園大学の学生がサポートしますので、皆様、お誘いあわせの上、ご参加ください。
13. キックターゲット
川崎フロンターレ
川崎フロンターレでは、子供たちに大人気のキックターゲットを実施します。
ルールは簡単。決められた場所からそれぞれの得点の的を狙って蹴るだけ!
子供に限らず、大人の方でも参加できますよ!
14. 電気三輪自動車「エレクトライク」展示
日本エレクトライク
電気三輪自動車エレクトライクは、狭域交通に適しており、家庭用100ボルト電源で約40㎞走行が可能。電費は2円/㎞程度と見込まれ、2013年かわさき環境ショーウィンドウモデルにも採択されるなど、将来幅広い利用が期待されている。その話題の「エレクトライク」を展示!レトロでキュートなデザイン以上にハイテクな機能も魅力!実物を見に来て!!
ページの先頭へ